MENU

乳首の乾燥に薬の効果について

薬局

 

乳首が乾燥をすると皮切れを起こしたり、かゆみを伴うことがあります。

 

肌へ伝わる刺激をバリア機能が守ることができないので直接伝われ、かゆみとなり感じてしまうのですね。では、改善する為の薬はあるのでしょうか!?

 

薬局などで販売されているので良い薬はないかと探している人も多いかと思います。病院だと男性のお医者さんも沢山いますし、恥ずかしいですからね。

 

しかし、残念ながら乳首の乾燥を防ぐ為の薬はありません。

 

かゆみを抑える薬や軟膏は販売がされているものの、肌を潤った状態にするのに効果がある成分が配合されているのは基本的にないのですね。あくまで薬は炎症を抑えたり、雑菌の繁殖を防いだりする為のものであった、肌のコンディションを整える為のものではありません。

 

そのため、利用するのであれば薬ではなく化粧品となるのですね。

 

かゆみを抑える薬はあるって紹介しましたが、誤解がないように詳しく説明しておきます。

 

あくまでかゆみを抑える薬っていっても乾燥によりかゆいのを防ぐ訳ではありません。清潔にしていなかった為に雑菌が繁殖をしてしまっていたり、炎症によって起きたかゆみを防ぐ為のものとなります。

 

原因が異なってくるのですね。一応、紹介をしておくとデリケートゾーンのかゆみを抑える薬となります。乾燥が原因なので乳首用の薬が販売がされている訳ではないのですね。

 

そのため、利用するのなら生理中などにデリケートゾーンなどに使ったりする低刺激で作られたものとなるのです。化粧品にしろ薬にしろ乳首につけるのであれば、低刺激のを利用しなければならないのです。

 

肌の保湿をするなら薬でなく化粧品

化粧品

 

肌の乾燥に効き目のあるのは薬ではなく、化粧品だと分かっている人も多いかと思います。日ごろ保湿成分が配合された化粧品や化粧水を顔に付けている訳ですからね。

 

薬を使うものだと勘違いをしやすいのがかゆみが既にあらわれている人です。

 

乳首がかゆい原因は乾燥だと言う事を知り、それなら良い薬は何だろうと調べてしまうのですね。ことの始まりがかゆみだった為に薬が頭に思い浮かんでしまうのです。

 

病院で診察後に処方される薬もステロイド剤入りの軟膏クリームだったりします。そのため、根本的な原因を改善する訳ではないので症状が良くならない人も多いです。理由はそもそもの対策方法が異なってしまっているからなのですね。

 

乳首の乾燥を防ぐ為に必用なことは保湿をすること。

 

保湿成分が配合された化粧品でスキンケアを行うことで、皮膚に保湿剤の膜がフタをしてくれるので皮膚内の水分が蒸発をするのを防ぐ効果があります。もともときちんとスキンケアをしていれば皮膚は潤った状態となるのですが、乳首のケアをする人は少ないので水分が失われてしまっているのです。

 

乳首の乾燥に効き目のある薬を探している人はスキンケアを行うようにしましょう。ただ、その際には刺激などに注意をしなければいけないことがいくつかあります。詳しくは下記の記事で紹介しています。

 

>>>乳首の乾燥を保湿するクリームについてはコチラで紹介